« すだちプロモーション第2弾 | トップページ | 診断実習 »

2010年9月15日 (水)

無事終わりました。

群馬でのすだちプロモーション、無事終了しました!

 

11日(土)は、1日の売上高が過去最高を記録し、2日間の売上高合計も過去最高となりました!

 

今回、群馬でのプロモーションは初めてです。すだちの知名度なんて、計測するまでもなく低い。知っているけど、秋刀魚にしか使ったことがない、と言われる地域。(東京より使用頻度は低いでしょう。推測)そして、「酢」の文化が浸透していないといわれる地域。

 

過去最高を記録した要因は、何だったんでしょう?

 

店舗に入ると、企画時のイメージを上回る程の「すだち一色」!!

店舗内に約30種類のすだちを使った料理を陳列、常時3食の試食、スポットで5種類以上の試食を提供することができました。

お客さんから「あれ~っ?ここにもすだち!あそこにもすだち!あっ!あそこにも~!」という声を何度も聞きました。

 

そう、この企画に賛同していただいた店長が、3ヵ所の試食&すだちジュースの試飲だけでなく、全部門からすだちのメニュー提案、料理陳列、スポットで試食、そしてクッキングサポート(毎日メニュー提案をしてくれる、ヤオコーの特徴)の全面協力を促してくれたんです。私もクッキングサポートコーナーに入り、すだちジュースを提供させていただきました。店長、主任、ありがとうございます!

 

まるで、「すだちがお店をジャックした!」、こんな店頭プロモーション、全国で初めてではないでしょうか???

 

11日は、小川先生とゼミ生にも参加していただきました。毎回、ゼミ生にすだちラリーとアンケート調査のお手伝いをしてもらっています。しかし、当日はゼミ合宿の日。合宿地、河口湖への集合時間を遅らせ、プロモーション終了後に小川先生の車で移動。河口湖へ着いたのは夜中だったのではないでしょうか。

 

すだちの旬である夏には、毎週末に全国各地で消費宣伝活動が行われます。今回の群馬が露地栽培のプロモーション最終日。徳島の消費宣伝隊は、この暑かった夏、休みもなく働き、ヘトヘトの状態で群馬へ入りました。ホント、お疲れさまです!

 

主な成功要因はこの3つだと思っています。

 

①チームワーク(店、本部、徳島、マネキン、小川先生、ゼミ生の協力体制)

↑徳島と一言で言っても、農協、協議会、県庁。。。と多くの組織が関係しています。

②すだちラリー(スタンプラリー)

③試食、料理陳列

↑美味しい!と思ってもらえなければ買ってもらえません。

 

他、細かな成功要因はたくさんあります。当たり前ですが、事前準備:万全な事前準備がなければ、当日の運営に影響するでしょう。経験値:昨年からの経験は大きいですね。

 

最後に。。。

「酢が嫌い」という方が非常に多くいらっしゃいました。すだちを見るだけで、「私、酸っぱいのは苦手なのよ・・・」と逃げて行かれる方、中には試食して「酸っぱい」と感じられる方も。試食さえ、口に運んでもらえない・・・という場面も多々。すだちは、レモンに比べて酸っぱくないのですが、固定観念なんでしょう。そして、東京の方より酸っぱく感じるのは、食文化の違いなのでしょう。

 

おかげで今後の課題もたくさん見えてきました。プロモーション後のすだちの動きも確認していきます。関係者のみなさま、お疲れさまでした!本当にありがとうございました!

 

 

 

 

  

|

« すだちプロモーション第2弾 | トップページ | 診断実習 »

地域ブランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253349/36751554

この記事へのトラックバック一覧です: 無事終わりました。:

« すだちプロモーション第2弾 | トップページ | 診断実習 »